【画像解説】アナリティクスで自分のアクセスを反映させない簡単な設定方法

アナリティクスのアクセス解析設定方法 ブログ

こんにちわ。

りゅうまるです。

 

この記事はGoogleアナリティクスのアクセスデータから、自分のアクセスをカウントしてほしくないという方向けの記事です。

アナリティクスで自分のアクセスをカウントさせない方法

趣味ブログを運用している方はあまり利用していないかもしれませんが、集客のためのホームページやアフィリエイトブログを運用している方は、Googleアナリティクスを利用しているのではないかと思います。

 

外部からのアクセス情報をかなり詳細に把握できる便利なツールですが、今回は自らが自分のブログ(サイト)にアクセスした際のデータを反映させない「内部フィルタの除外」という対策を解説したいと思います。

IPアドレスの確認方法

アナリティクス内で内部フィルタを除外するには、あなたが利用しているインターネット接続用のIPアドレス(グローバルIPアドレス)が必要です。

 

IPアドレスを確認する方法はとても簡単で、サービスサイトへアクセスするだけで瞬時に確認できます。(クリック操作も必要ありません

 

以下は僕がIPアドレスを確認したときの画像ですが、アクセスしたと同時にこの画面が表示されました。

 

表示されるIPアドレスは○○○.○○.○○.○○という簡単な数字です。

 

IPアドレスはアナリティクス内の設定後半で入力するのでメモっておいてくださいね。

IPアドレス確認サイトの画面

 

以下のサイトは僕が利用したサービスサイトです。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】
あなたのアクセスしているIPアドレス情報などをENVとJavaScriptで取得し表示します。あなたのIPアドレスからポート疎通・ping疎通・DNS索引・WHOIS情報も取得できます。

アナリティクス内での設定方法

まずはGoogleアナリティクスにログインし、左管理パネルの中の「管理」をクリックします。

 

Googleアナリティクスの管理画面

 

画面が切り替わるので、ビュー項目(青枠内)の中の「フィルタ」をクリックします。

 

アナリティクス内管理画面

 

画面が切り替わるので「フィルタを追加」をクリックします。

 

アナリティクス内の内部フィルタ設定画面

 

新しいフィルタを追加(作成)する画面になるので、「フィルタ名」を入力します。(いつでも変更できます)

 

フィルタ名は任意の名前でOKです。僕は内部トラフィックフィルタとしておきました。

 

フィルタ名を入力したらその下の「フィルタの種類」を「定義済み」とします。(最初から定義済みになっていると思います)

 

アナリティクス内の内部フィルタ名設定画面

 

次にその下の「フィルタの種類」「参照元化リンク先」「式の選択」を設定します。

 

各項目の中の▼マークをクリックするとプルダウンの中から項目を設定できるので以下のように設定します。

 

左から順に【除外】【IPアドレスからのトラフィック】【等しい】と設定します。

 

次にIPアドレスの入力欄に先ほど調べたあなたのIPアドレスを入力します。(コピペで可)

 

最後に画面下部の「保存」をクリックして設定は終了です。

 

アナリティクス内の項目設定画面

 

特に終了を知らせる表示などは出ませんが、そのまま画面を一番上にスクロールしていくと、先ほど入力したフィルタ名で、フィルタの種類が「除外」となっているのが確認できます。

アナリティクス内の設定確認画面

あなた自身が自分のサイトにアクセスしてもその情報はデータに反映されないということです。

 

以上でGoogleアナリティクスの内部フィルタの除外設定は完了です!

 

お疲れさまでした(^_^)

 

内部フィルタの設定を変更する場合

フィルタの設定はアナリティクス内からいつでも変更できます。

 

次回「フィルタを追加」ボタンを押すと以下のような画面になり、新規にフィルタを作成するか、既存(設定済み)のフィルタの設定を変更するか選べます。(青枠内

 

アナリティクス内のフィルタせって変更画面

 

アナリティクスの設定変更のまとめ

Googleアナリティクスでは、アクセス数以外にもアクセスの多い時間帯やデバイスの種類、どの地域からアクセスが多いかなど詳細なデータが得られます。

 

集客や収益を目的にしているブログ(サイト)運用戦略には欠かせないツールですよね。

 

ちなみに僕はアナリティクスの機能をほとんど使いこなせていません(#^.^#)

 

すべての機能を使いこなすには、かなり専門的な知識が必要だと思いますが、アクセスの状況を簡単に把握するだけの利用でも十分有益な使い道だと思います。

 

正確なアクセス状況を得るための内部フィルタの設定(除外)方法でした。

コメント