アドセンスで稼げるテーマCocoon|広告設定最適化で収益アップ!

Googleアドセンスのロゴマークと記事タイトルのアイキャッチ画像 アフィリエイト

こんにちわ。

りゅうまるです。

 

この記事では、初心者アフィリエイターの僕が行ってきた「収益最速化のコツ」を記事にしていきたいと思います。

 

大まかな記事内容は、アドセンスアフィリエイトのススメと、ワードプレステーマ「Cocoon」の特徴(魅力)の画像解説です。

 

初心者アフィリエイターでも稼げるGoogleアドセンス

アフィリエイトを始めたばかりの方が、収益を実感するにはグーグル社が提供している「Googleアドセンス」が手っ取り早いかも。

 

ある程度の閲覧(PV)数があるだけで収益(数円程度)が発せしたり、設置している広告がクリックされるだけで収益(数十円程度)が発生するのがGoogleアドセンスの仕組みです。

 

収益が発生しやすいといっても、最初のうち(初月)はよくても0円から数円で、次第に数十円から数百円、数千円から数万円というふうに収益が増加しやすいのがGoogleアドセンスの特徴(魅力)です。

 

Googleアドセンスに申請する際には、事前にアドセンスプログラムポリシーを読んでから申請することをおすすめします。

 

Googleアドセンスでアフィリエイトを行うためには、申請用のブログが必要になるわけですが、現在のGoogleアドセンスでは、無料ブログでの申請ができなくなっています。(2016年以降)

 

無料ブログを利用している場合でも、有料版にアップグレードすればアドセンス申請は可能です。(独自ドメインは必須)

 

・無料ブログでも行えるアフィリエイト(ASP物販など)もあります。
・アドセンス審査合格後は、無料ブログにアドセンス広告を設置できます。

 

Googleアドセンスで収益最速化させるコツ

収益の第一歩をより早く実感するためには、検索順位で少しでも上位を獲得し、できるだけ多くの人に記事を閲覧(PV)してもらわなければなりませんよね。

 

そのためには、ユーザーにとって有益な記事を提供(作成)するのは最低条件ですが、ブログ作成ツールにワードプレスを利用し、その中でもSEOに強いテーマ(テンプレート)を利用するのが収益最速化(増加)のコツです。

 

その理由としては、ワードプレスはSEO対策(設定)を行うためのプラグインというツールが豊富で、なおかつそのための情報がネット上で簡単に見つけることができるから。あと、SEO対策が施されたテーマも豊富で、それらのテーマを自由に利用できるからです。(諸説あり)

 

ワードプレスで使用できるテーマは、なんと3000種類以上。さらに、ワードプレスに関する情報をGoogleで検索してみると以下のような結果が出ました。(2019/2/26時点)

 

グーグル検索でワードプレスを検索した結果画像

 

あくまで関連情報ということなので有益情報ばかりとは限りませんが、数千万件以上とは驚きの数字ですよね。当然ながら検証は不可能です。

 

僕が実際に行っている方法として、一定量の情報の中から消去法で選んだ方法はワードプレスで無料テーマ「Cocoon」を使用したアフィリエイトの実践です。

 

以下の記事で、ワードプレスのおすすめ無料テーマ「Cocoon」の特徴(魅力)と、アドセンス申請のやり方を画像解説していますので興味のある方は参考にしてください。

 

アドセンスで稼げるテーマ【Cocoon】申請から合格までを画像で徹底解説!
Googleアドセンスの申請方法を、ワードプレステーマCocoon(コクーン)で行う場合の手順を記事にまとめました。アドセンス審査用コードの取得からCocoon内での貼り付け場所、アカウント有効化までを、実際に申請したときのキャプチャ画像で解説しています。

 

アドセンス申請のエラー解決は以下から
↓↓↓↓↓↓

アドセンスで稼ぎたい方必見!申請手順とログインエラーの解決策まとめ
2018年10月の最新記事です。Googleアドセンスの申請手順からブログ内へのコード設置法。アドセンスにログインエラーの解決策をまとめました。実際に登録した時のキャプチャ画像を使っていますのでわかりやすくなっています。参考にしてください。

 

ココからは、アドセンス審査に通過してワードプレステーマ「Cocoon」を使用する(する予定)方向けの記事になります。

 

アドセンス広告の最適化ならCocoonを選ぼう

Googleアドセンスの審査に通過したら、記事内に広告を表示させるためのアドセンスコードを設置するわけですが、テーマによってはそのやり方がかなり面倒な場合があります。

 

例えば、記事内3か所(記事上、記事下、サイドバー)に広告を設置する場合、ウィジェットというツールを3か所別々に追加し、それぞれのウィジェット内にアドセンスコードを貼り付けるといった具合です。

 

また、固定ページ(お問い合わせなど)と投稿ページ(通常記事)で、別々に作業しなければならない場合もあります。

 

最初に決めた広告の配置を必ずしも変える必要はありませんが、アドセンス広告で出来るだけ多くの収益を上げるためには、一定期間ごとに設置場所(数)を変更し、最適化していくやり方が理想だといわれています。

 

上記のように広告設定(作業)が面倒なテーマを選んでしまうと、後々かなりのストレスになってしまい、そのことが収益の損失につながる要因となりかねません。

 

無料で使えるテーマ「Cocoon」では、アドセンス広告の設定が驚くほど簡単に行えます。

 

アドセンス広告の設定が自由自在なCocoon設定の使い方

「Cocoon」では、アドセンスのコードを一か所に設置するだけで、様々な設定ができてしまいます。

以下、実際の画像を使いながら解説していきます。

 

ワードプレスのダッシュボード(管理画面)から「Cocoon設定」⇒「広告」と進みます。

 

ワードプレスCocoon設定の選択画面

 

 

 

 

 

 

 

 

「Cocoon設定」画面内の広告タブで、すべての設定を行えます。(自由度抜群)

 

 

ワードプレスCocoonの広告タブ選択画面

 

広告タブ内で行える設定一覧(基本的にココで完結)

  • アドセンスコードの貼り付け
  • 広告の表示切替(ON・OFF)
  • 広告表示の種類
    自動広告表示
    手動で選んで表示
    自動・手動の件用
  • 広告貼り付け場所を個別に選択
    固定ページ・投稿ページ
  • 広告の種類を個別に選択
    レスポンシブ
    バナー
    リンクユニット

アドセンスコードの入力(貼り付け)

アドセンスサイトで取得(コピー)しておいた「広告コード」を、枠内(下画像緑枠内)に貼り付けます。

後は、すべてお好みに設定できます。

 

ワードプレスCocoonの広告コード貼り付け場所の画像

 

広告表示の切り替えと広告ラベルの設定

「広告の表示」では、アドセンス広告の表示と非表示をクリック一つで切り替え可能です。
(例:Amazonアソシエイトの申請時だけアドセンス広告を非表示などに便利)

 

「広告ラベル」では、表示されるアドセンス広告(上)に、「スポンサーリンク」はたは「広告」の表示をするかどうかを選択できます。(表示しない場合は未記入も可)

 

ワードプレスCocoonの広告表示設定画面

 

アドセンス広告の表示方式

広告表示(方式)をアドセンスに任せる「自動設定」、表示する位置や種類を自分で決める「手動設定」、自動設定と手動設定の併用のいずれかを自由に選べます。

 

ワードプレスCocoonのアドセンス広告表示の切り替え画面

 

広告の表示位置の設定

これぞCocoon設定の醍醐味ともいえる設定です。

 

アドセンス広告を表示するページや記事内での配置を自由に選べます。

 

投稿ページと固定ページでは8か所から選択可能で、インデックスページ(トップページ/記事一覧)では、5か所から選択することができます。

 

ワードプレスCocoonの広告表示位置の選択画面

画像は当ブログの設定です。

 

さらに「詳細設定」からは、広告のタイプ(レスポンシブ、バナー、リンクユニットなど)を自由に設定することができます。

 

ワードプレスCocoonの広告詳細設定のjif画像

Cocoonフォーラムより引用

 

アドセンスで稼げるテーマCocoonのまとめ

アフィリエイトの中では、比較的収益を発生させやすいGoogleアドセンスですが、収益の最速化(増加)のためには、ユーザーにとって有益な記事の作成とSEO対策の組み合わせが必要不可欠です。

 

あなたが作成した素晴らしい記事に、「Cocoon」の機能を組み合わせれば、まさに「鬼に金棒」です。

 

より良い記事でより良い成果を獲得できるよう頑張っていきましょう☆

 

りゅうまるでした。

 

あわせて読みたい

>>グローバルナビの設置方法を画像解説 ワードプレスCocoon編

 

あわせて読みたい

>>【WordPress】お問い合わせフォームの簡単設置方法を画像解説

 

コメント